経理合理化プロジェクト
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
更新履歴
トピックス : プレスリリース:経理事務をすべてインターネットで処理できる新サービス開始!
投稿者: kodama 投稿日時: 2007-2-7 20:21:09 (2897 ヒット)

中小企業の経理合理化を推進している会計事務所の全国組織『経理合理化プロジェクト』(主催(株)経理がよくなる:代表・税理士児玉尚彦)は、2007年2月から中小企業向けに経理事務をすべてインターネットで処理できる新しいサービスを開始した。

(概要)
新サービス『経理がよくなるワークフロー』を利用することにより、中小企業は日常行なっている見積書や請求書の作成、回収管理、支払・経費精算などの経理事務をすべてインターネットで処理できるようなる。その結果を会計ソフトへ仕訳データとして連動することができ、二重入力が解消され、これまで非効率であった中小企業の事務処理効率が大幅に改善される。

グループウェア「デスクネッツ」(ネオジャパン社開発)と一体化しており、スケジュール管理やタイムカードなどのグループウェア機能も同時に利用できる。


経理事務をすべてインターネットで!

どこの中小企業でも行なっている経理事務がすべてインターネットで処理できるようになる。ハンコを押してまわしていた各種申請書類がワークフロー化され電子化されるため、会社に戻らずに自宅や出張先でも仕事ができるようになる。
取引の状態がいつでも、どこでも、誰でも確認できるようになるので、特に経営者や管理職のストレスが解消される。

(電子化される経理事務作業)
・見積書の作成、承認
・受注契約管理
・請求書の発行、承認
・売掛金の回収管理
・支払申請、承認、振込
・経費精算申請、承認、決済

会計処理が自動化!
これまでの経理事務は、手書き書類や印刷された書類を見ながら、会計伝票を起票し、伝票を見ながら仕訳データを入力していたが、『経理がよくなるワークフロー』サービスを利用すると、すべての取引が会計処理と連動するようになる。
これにより、経理が会計伝票を書く必要もなく、また仕訳データを入力しなくても、会計ソフトへデータが連動するようになっている。
二重入力が解消されるので、これまで非効率であった中小企業の経理事務の生産性は大幅に改善されることになる。

グループウェアと一体化
システムの開発はグループウェア開発大手のネオジャパン社が行なっており、ネオジャパン社の「デスクネッツ」と一体化したサービスとなっている。
すべてのユーザが『経理がよくなるワークフロー』と『デスクネッツ』を同時に利用できる。スケジュール管理などの情報の共有と経理事務処理を同一のシステムで処理できるため、中小企業にとってとても使いやすいものになっている。
マニュアルを見ないで使えるグループウェア「デスクネッツ」と同様の操作性を維持しているので、誰にでも抵抗なく利用できる。

小規模企業を対象
販売管理システムを使わずに、ワープロや表計算ソフトを利用して請求書を作成している社員数30人以下の小規模企業またはグループを対象としている。
販売管理システムに必須のマスター登録や在庫管理などの面倒な設定をせずにすぐに利用できるように、操作方法も簡単になっている。
すべての処理がインターネットエクスプローラなどのブラウザでできるので、サーバ管理やソフトウェアのインストールが要らず、システム管理者のいない中小企業に向いている。

リーズナブルな料金設定
『経理がよくなるワークフロー』と『デスクネッツ』をセットで月額利用料2,980円(10ユーザ:税抜価格)からという非常に割安な価格設定となっている。
一人毎月コーヒー代程度の利用料で経理事務が効率化でき、なおかつスケジュール管理まで可能になる。

今後の展開
現在、全国200以上の『経理合理化プロジェクト』の会計事務所が中心になり推進及びサポートを行なっている。年間10,000社の導入を目標としている。


<問い合わせ先>
(株)経理がよくなる 『経理合理化プロジェクト』事務局
〒150-0041東京都渋谷区神南1-10-6サクセス渋谷ビル5F
TEL:03-3464-4970 FAX:03-3464-4969
E-mail : info@keiri4970.com
URL : http://www.keiri4970.com

印刷用ページ このニュースを友達に送る