経理合理化プロジェクト
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
更新履歴
セミナー : 2019年6月11日(火)『経理部門リーダーに必須の4つの力』(東京・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
投稿者: kodama 投稿日時: 2019-4-5 10:00:00 (125 ヒット)

生産性を上げ、会社に貢献する経理部門を目指す!
『経理部門リーダーに必須の4つの力』
「効率仕事力」「計数管理力」「財務提案力」「経営貢献力」
受講対象:経理財務部門リーダー、リーダー候補、経理実務経験2年以上の方
★受講者の声★「経理部員として力不足であることを痛感した」「実務に活かせる内容も多く役立った」「すぐに取り組むべき!と決断できた」
2019年6月11日(火) 10:00〜17:00 東京
詳細・お申し込みはこちら↓
三菱UFJリサーチ&コンサルティング

<カリキュラム>

【はじめに】経理人材に必要なスキルとキャリア戦略
1)「仕事ができる」経理はどんな働き方をしているのか?
2)企業活動のPDCAを経理が4つのスキルで支援
3)これから勝ち残る経理のためのキャリアアップ戦略

1.「効率仕事力」で経理部門の業務効率を向上させる
1)事務作業時間を4分の1にして生産性を高める
2)経理事務フローを分析し改善検討
 ● 伝票書類の流れ、担当者、処理件数、作業時間
3)アナログ環境をデジタル化して作業効率を3倍アップ
4)業務システム間のデータ連動による自動化
5)仕事の属人化の解消
6)経理のアウトソーシング活用法

2.「計数管理力」をつけて会社の異常値をキャッチする
1)いま重要視されている経営指標の意味と自社活用
 ● ROE、ROIC、CCC、EBITDA、FCF
2)月次業績管理における問題点の見つけ方
 ● 自社の収益構造を分解して「額」と「率」で分析
3)経理に必要な財務分析スキルと数字の見方
  (1)財務ツリー分析 (2)収益力分析
  (3)資金効率分析
4)運転資金の回転でキャッシュフローを重点管理
5)決算前の経営診断で格付けアップ
 ● 安全性、収益性、成長性、返済能力の測定と評価
6)企業価値を上げる最適資本構成とは
 ● 財務評価を高めるバランスシートの構造を把握
 【演習】 経営分析を活用した財務の健全化対策

3.「財務提案力」の差が経理の評価を大きく変える
1)社長に評価される財務報告の3つのポイント
 ● 会計が苦手な経営者や幹部へはこうやって説明する
2)財務三表を図で解説するExcelグラフの作り方
 ● BS/PL対比グラフ、移動年計グラフ、収支推移グラフ
3)キャッシュフローの改善課題を明瞭化する図解法
4)経理が知っておくべき業界動向の情報収集法と使い方
5)財務プレゼン資料の作成と社内での実践
6)経営に役立てるための月次決算報告の改善ポイント
 【事例】 同業他社の経営指標と財務提案への活かし方

4.「経営貢献力」を財務計画・予算編成で発揮する
1)事業部門との予算編成会議を仕切る
 ● 管理会計の視点で変動費・固定費を検証
2)販売計画から資金繰りをシミュレーション
 ● CCC(運転資金回転日数)の改善3年計画
3)設備投資計画を収益率と回収期間で判断
 ● 経理のROIC予測が過剰な設備投資を抑制する
4)成長期と成熟期で変わる財務戦略
5)金融経済動向の変化に対応した銀行との交渉術
6)中期経営計画の実現を裏づける財務計画を策定
 ● 3年後のバランスシートとキャッシュフローをデザイン

【まとめ】持続的に成長するための効果的なアプローチ
1)4つのスキルの効果的な磨き方
2)自分の強みの確認と今後取り組むべき課題の総点検
3)「経理力」がアップする参考図書の紹介

印刷用ページ このニュースを友達に送る