経理合理化プロジェクト
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
更新履歴
 : 『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』 児玉尚彦・上野一也 著 ちくま新書
投稿者: ueno 投稿日時: 2016-3-1 12:39:00 (1314 ヒット)



 新規プロジェクトの成否、新商品の企画、
 商談、出店計画、事業撤収のタイミング、
 企業価値、社員の評価、自分の人生は、
 お金で9割決まる!
 


 アイデアだけでは生き残れない 
 ビジネスマンの1%だけが知っている「キャッシュフロー仕事術」 


 「お金」で考えればビジネスの本質がわかる 

『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』2016年3月発売!
 税理士 児玉尚彦・上野一也 著
  ちくま新書 ¥886(税込)



仕事でよく耳にする言葉「キャッシュフロー」。
経営に直接携わっていないと、キャッシュフローと聞いても、
どこか他人事のように考えてしまいがち。
そんな人は、目の前のビジネスチャンスを逃しています。

商品開発や新規サービスを提案する際、プレゼンで
「絶対利益をあげてみせます!」
と意気込んでみても、それがどのように会社に「お金」をもたらすのかを
説明できなければ、結局、絵に描いた餅で終わってしまい、実行されません。

しかし、「キャッシュフロー仕事術」を身に着けておけば、
これからの仕事人生が大きく変わります。

今、ビジネスを「お金の流れで組み立てられる人材」が求められています。

そこで本書では、なぜお金で考える必要があるのかから解説し、
実際のビジネスの現場で使えるレベルのキャッシュフローの考え方を
わかりやすく解説しています。

【目次】

はじめに 一生モノのお金で考えるスキル

第1章 なぜお金で考える人は仕事ができるのか?
ビジネスの軸は売上利益からお金へ/いま企業が求めている人材/
人も会社もキャッシュフローで評価/お金に関するビジネス用語の基礎知識 ほか

第2章 ビジネスのお金の流れを理解する
お金に関する3つの鉄則/手持ちのお金はいくら必要か?/
機会損失vs在庫リスク/利益とキャッシュフローの一致 ほか

第3章 もし新規プロジェクトを任されたら
アイデアをお金に換える/運転資金がかからない理想のビジネスモデル/
どこで”チャリン”という音が聞こえるかを意識する ほか

第4章 売上が増えてもお金が足りない
事業にひそむ売上拡大の罠/代金回収が遅れると貸倒リスク増大【低価契約型】/
デッドストックにかかるコスト【高価少売型】 ほか

第5章 儲けの構造とお金の流れ
単価と数量のどちらが利益を奪う?/費用調整のシミュレーション/
効果的なお金の配分/リスクに対処しやすいお金の使い方 ほか

第6章 ゴーサインが出る収支計画表の作り方
利益とお金はどこでズレるのか?/掛け取引と在庫によるズレの計算/
年次収支計画表の検証ポイント/収支計画に説得力を持たせるコツ ほか

第7章 お金を奪う税金の仕組み
ビジネスで負担する税コスト/損金にならない支出をしない/
赤字は繰り越して活用/手取りが増える役員報酬のもらい方 ほか

第8章 お金で考える人の人生設計
預金口座をモニタリングする習慣/消費傾向を映し出す鏡/
人生の3大支出の見直し/独立起業より社内起業/
中小・若手・女性にもチャンス ほか

【本書に掲載されているお金で考えるためのヒントの一部】
・ビジネスモデルをキャッシュフローで成立させる
・赤字よりも、お金が足りているかを心配する
・多少の売上を犠牲にしてもお金を大事にする
・あらかじめ設定した「お金」で判断して、冷静に損切りする
・売上ノルマより回収管理を徹底する
・利益とお金のズレを算式で理解する
・ビジネスの価値がピークのときにお金を換える
・他人の時間と他人のお金を活用する

印刷用ページ このニュースを友達に送る