経理合理化プロジェクト
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
更新履歴
 : 『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』
投稿者: ueno 投稿日時: 2009-6-18 16:15:37 (12548 ヒット)

これであなたも『経理のプロ』と呼ばれます!
  7000社に聞いてわかった本当に必要とされる経理のスキルとは?

    ]『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』


  『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』

    『経理合理化プロジェクト』代表・税理士 児玉尚彦著
    日本実業出版社 ¥1,575(税込)





このままでは経理はワーキングプアになる! ・・・

  もし今、あなたが転職した場合、再就職を希望する会社で提示される年収は
  いくらだと思いますか?
  残念ながら、「経理事務ができる」というだけでは、正社員として働くことさえ
  難しいのが現実です。
  ご存知のとおり、企業は事務の仕事をアウトソーシングしたり、派遣社員や
  パート社員へ移管しています。管理業務の人件費コストを削減するためです。
  実際に、年収3百万円を提示されたベテラン経理社員も現実にいます
  (本の中でも紹介)。
  これまでのような経理事務を続けていたら、経理社員は本当に
  ワーキングプア(フルタイムで働いても低収入しか得られない就労貧困層)に
  なってしまう危険にさらされているのです。


なぜこの本を読むとキャリアアップできのか?
  あなたも、「今のままでは社内での居場所がなくなる」ということを感じていると
  思います。しかし、わかっているのに具体的な行動に移せないのは、
  あなただけではありません。
  それは、なぜか?
  「どうすればいいのか?」を、誰も教えてくれないからです。
  社内には参考にできる人がいないので、どうしていいかわからないまま
  時間だけが過ぎていきます。
  この経理社員の悩みを解消するために書いたのが、この本です。

  私(児玉)は、7000人以上の経理社員と会って、会社から評価されている
  経理社員と評価されていない経理社員との違いに気がつきました。
  その差は、会計スキルの使い方にあったのです。
  会社に貢献している経理社員が、20代、30代にどのような勉強をして、
  実務を通してどんなスキルを身に付けているのかがわかれば、あなたも同じよう
  に社内の評価を上げることができます。
  経理がすでに身につけている会計スキルに、「改善力」「分析力」「報告力」
  「予測力」の4つのスキルを加えることにより、経理プロフェッショナルとしての
  ヤリガイを実感できるようになっていきます。

  この本は、これからの経理社員が何を勉強し、どのような仕事を通してキャリア
  アップすればいいのかを具体的な事例で解説した経理業界初の自己啓発書です。


<本の目次>

  『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』



<序章> 経理は中国へ
       ・・経理業務はこんなに変わった!

中国で処理される日本の経理事務


<第1章>経理力の磨き方
  経理はキャリアアップのチャンス
  会計スキルの正しい使い方
  PDCAサイクルに合わせて会社に貢献する
  過去の仕事から、今の仕事、未来の仕事へシフトする
  20代、30代、40代の経理のキャリアプラン

 
<第2章>「改善力」
       IT活用スキル/事務作業を捨てる技術

  自ら生産性を上げることにより会社に貢献する
  なぜITを使っているのに生産性が上がらないのか
  紙をなくせば処理時間が4分の1以下
  数値データの利用価値を倍増させる
  書類の賢い整理術
  ERPシステムから業務を学ぶ
  業務フロー図を描いてみる
  自社の業務に最適なシステムを提案してもらう
  新しい経理スタイルを提案し続ける
  会計事務所の上手な活用法(改善力編)
  「改善力」を磨くための参考図書


<第3章>「分析力」
       現状を把握するスキル/異常値を発見する技術

  これからの経理は分析力で評価される
  会計スキルを使って会社の健康状態を計測する
  (STEP1)日次‐DAILY
    分析力の基本は観察から  
    残高+増減で結果の原因を検証する
  (STEP2)月次‐MONTHLY
    試算表を作るのではなく利用する  
    損益計算書で儲けの構造を見る3つのポイント
    バランスシートで利益のアフターケア
    会社は毎月お金を生んでいるか?
  (STEP3)四半期‐QUARTERLY
    傾向をとらえて目標とのズレを検証する  
    損益分岐点グラフで収益構造をチェック
    前年同月と比較して季節変動を見る
    線をつなげて利益を面でとらえる
    キャッシュポジションと借入金を検証する
  (STEP4)決算‐YEARLY
    外部の視点で会社を客観的に評価する  
    EBITDAが重視される理由
    貸借対照表で目に見えない信用度を見る
    バフェットはどこを見ているか?
  会計事務所の上手な活用法(分析力編)
  「分析力」を磨くための参考図書


<第4章>「報告力」
       わかりやすく伝えるスキル/情報を共有する技術

  フィードバックは経理の重要な役割
  (PART1)経営者の行動を変えるフィードバック
    経営トップは何を見て判断するのか?  
    会社がうまく回っているかを表わす3要素
    経営者に見てもらうための工夫をする
    管理会計を使って経営者の考えを手助けする
    矢印とグルグルでキャッシュフローを説明する
  (PART2)効果的な報告力の磨き方
    アウトプットの場を自分から作る  
    経営者向けの業績報告書を書いてみる
    フィードバックの基本は「鏡」になること
  会計事務所の上手な活用法(報告力編)
  「報告力」を磨くための参考図書


<第5章>「予測力」
       将来に備えるスキル/資金を計画する技術

  成功の鍵を握る経理の役割
  予算が行動を具体化する
  なぜ今、予算が組める人材が求められているのか?
  経理が予測すべきリスクとは?
  資金繰りは3つのトレンドを見ながら
  3点見積法で資金コントロール
  100パターンのシミュレーション!
  「バネの法則」で予測する
  お金で時間をコントロールする
  会計事務所の上手な活用法(予測力編)
  「予測力」を磨くための参考図書


<第6章>経理のキャリアアップ戦略
  キャリアアップのPDCAサイクル
  危険ゾーンからの脱出を目標にする
  最悪の状態から脱するための自分救出大作戦
  行動が変わると経理人生が変わる
  「緊急でないけど重要なこと」に時間を使う
  レコーディング・タイム・マネジメント
  自分の成長を確認するために爛好ルの棚卸し瓩髻
  左右の脳と、耳と口と、手と足を効果的に使う
  今の仕事から脱皮して次のステップへ
  成長の上昇気流に乗る


  ・巻末資料 「経理の課題」チェックリスト
  ・参考文献
  ・「経理合理化プロジェクトR」推進事務所一覧



なぜ35歳なの?
  タイトルの"35歳"という年齢ですが、「35歳が転職の最後のチャンス」と言われたり、管理職への昇進などで役職に差がつく微妙な年齢です。
 そこで、将来の仕事を考えるターニングポイントの年齢までに経理社員に、「プロの経理力」を身につけてキャリアアップしてもらいたいという想いで書きました。
 もちろん、35歳以上の人でも遅すぎるということはありません。40歳、50歳からでもぜんぜんOKです。
 しかし、定年を考えると仕事人生のピークは40代と言われるのも事実です。早く行動を起こしたほうが、より有利なポジションで仕事ができるようになるのは当然です。
 あなたの"経理力"をアップするために、この本で今日から行動を開始してください!



]『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』


  『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』

    『経理合理化プロジェクト』代表・税理士 児玉尚彦著
    日本実業出版社 ¥1,575(税込)





印刷用ページ このニュースを友達に送る