経理合理化プロジェクト
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
更新履歴
経営計画支援 : 経営計画支援サービス
投稿者: ueno 投稿日時: 2008-8-22 15:12:04 (4779 ヒット)

 
忙しい社長の時間はとらせません! 社長様は5〜6時間でOK!




【弊社の強み】


中小企業診断士と税理士がペアで担当させていただきます!

それぞれが得意分野を担当します!
現状分析やマーケティングは中小企業診断士が、投資計画・利益計画などの数値計画は税理士が中心となってまとめますので、短期間で精度の高い計画書を作成することができます。



【これまでにお手伝いさせていただいたお客様の声】


『 おかげさまで、銀行からも高い評価を受け、予定通り長期で2億円の借入が実行されました。
 本当にありがとうございました。』

『 毎年、中期計画を作ろうと思いながら、忙しくて時間が取れずに形にできないでいました。
 2時間話をした程度で、ここまできちんとした形で計画書にまとめてもらい、本当に感謝しています。

『 早速、社員を集めてパワーポイントで経営計画を説明しました。いままで何度も
 社員には話してきたつもりでしたが、私の考えはほとんど伝わっていなかったようです。今回、
 経営計画書で説明してみて、社員から『会社が何を目指しているのかがよくわかりました』と言われました。
 私の頭の中で考えていることを形にしてもらって、私も社員もよかったです。』

『 今回やってみて、他人の頭を借りて自分のやりたいことをまとめられたような感じがします。
 いろいろな切り口から質問されて、うちの会社にとって何が一番大切なのかをあらためて確認できました。
 内情をよく知っているので、私の言いたいことをすぐに理解してもらえるので助かりました。』

詳細は ==> 「続き...」をクリック

【料金体系】
 目的別に価格帯を3パターン用意しています。



【具体的な進め方】
中小企業診断士と税理士がペアで担当させていただき、下記のような流れで進めていきます。ヒアリング内容をもとに、全体のシナリオや構成を検討し、数値計画の部分は主に税理士が、論理的施策の部分は中小企業診断士が担当します。





【経営計画の内容とその策定の流れとは?】


一般的によく作られるのは「戦略(方針・施策)」+「数値計画(利益、資金、投資等の計画)」というスタイルか、あるいは「数値計画のみ」というスタイルです。




◆一般的な経営計画書の特徴

<特徴1> 経営者、金融機関、予実績管理に対する効用が得られる
  明確な数値目標を設定し、そのための方針を論理的に整理していくため
  経営者の頭の中を整理することができます
  また、説得力のある内容になり、金融機関からの信用は高まります。

<特徴2> 社員に対する効用が得にくい

  逆に社員のモチベーションにはつながりにくい傾向となります。
  あくまで論理なので、納得はできてもやる気や結束にはつながるかは、また別問題です。
  強制的にやらせるような仕組みが必要になります。


◆弊社の経営計画の特徴





【経営計画書策定のフロー】




【経営計画書のサンプルイメージ】
  クリック ↓↓↓ 



【ご注意!】
<本当にやる気のあるお客様だけ問い合わせてください>
現在もすぐにやってほしいというお客様がたくさんお待ちになっています。
ですから、冷やかし半分で話だけ聞いてみようという方はご遠慮願っております。
そのため、初回お打ち合わせ時に「初期コンサルティング料105,000円(税込)」をご請求させていただきます。

この初期コンサルティング料は、サービス契約時に料金に充当させていただきます
(本サービス料から初期コンサルティング料105,000円を差し引いてご請求します)
本気で取り組まれる意思のある方だけ、次の申込フォームからお申込ください。担当者からご連絡させていただきます。


<<お問合せフォーム>>




印刷用ページ このニュースを友達に送る